• 0120-997-181
  • 〒650-0016 兵庫県神戸市中央区橘通1-2-14 浅見ビル2階

ブログ

ネットカジノ

ワールドカップのカタール大会2022、決勝の組み合わせが決まりました。フランスの連覇か、アルゼンチンの悲願の優勝か、楽しみな決勝戦になりそうです。

 

 先日、国営放送を見ていると、ネットカジノのことが取り上げられていました。スマホやパソコンで簡単、手軽に遊べるということですが、依存症に陥るケースもあるようです。ネット社会の闇の部分かもしれません。

 従前は、ギャンブルといえば競馬、競輪、競艇、パチンコということでしたが、現地で、対面でしか買えなかったのですが、最近はパチンコ以外はネットで買えるようになっていますので、人の目を気にせずに年齢制限の関係もなく広がっているようです。

 また日本には合法なカジノがないので、海外のカジノに行く方もいました。  

 いずれにしても、ギャンブルなので、破産手続に際して、免責不許可事由に該当する事案が増加しているように感じます。

(シャローム綜合法律事務所 事務員KN)

債務の処理に欠かせない家族の協力

ワールドカップのカタール大会2022、ベスト8が出そろいました。残念ながら日本代表チームは敗退してしまいましたが、ブラジルやフランスなどの優勝候補が実力通り勝ち進んでいるので、まだまだ、楽しめそうです。

 

 多重債務の処理について、相談者から家族に内緒で処理をしたいということを時々聞くことがあります。殆どの場合、無理ですとお答えします。

 任意整理の場合には毎月の支払い原資を確保する必要があり、家族に内緒で捻出することが困難と思えわれる場合が多いです。

 また、破産や再生手続きに至っては、裁判所から直近2か月分の家計収支表とその資料の提出が求められていますので、家族の収入明細や通帳、クレジットの利用明細などが必要になります。家族でよく相談をして処理方法を検討してから、相談する方がスムースな処理になると思います。

(シャローム綜合法律事務所 事務員KN)

師走

昔から、年末になると金融機関への押し込み強盗が多発するようになりますが、背景には経済的困窮で金融機関、特に郵便局に押し入ったというような話しを聞くことが多かったように思います。  最近は郵便局からコンビニへ標的が代わったようですし、年末に限った話ではなくなりました。  新型コロナウイルス感染症の第8波が拡大中ですが、インフレ傾向と相まっての経済的な困窮から債務問題の相談者が増えています。生活の維持のため、貯蓄などを取り崩して耐えていても、限度がありますので、早めに債務整理の相談をされるほうがが良いと思われます。 (シャローム綜合法律事務所 事務員KN)

増加傾向

最近、債務整理の相談で、個人再生を希望されるケースが多くなって来たように感じています。破産事件でいうところの免責不許可事由に当たる行為をされているケースや、自営業をされていたり、保有する財産を守りたいというケースが多いです。最近の物価上昇による生活必要経費の負担増などで、普通なら生活が維持できていたと思われる方が相談に来られています。例年、12月に債務整理の相談が増えるのですが、今年は11月から相談が増加傾向になっています。

(シャローム綜合法律事務所 事務員KN)

肌寒くなってきました

毎年、寒くなって来ると、当事務所の辺りでも灯油のセールス車が走っています。外部スピーカーで、「ゆきやこんこん・・・」と音楽が流れてきますので、近くに来ていることが判ります。

 

 最近、「FTXトレーデイング」の破綻の報道がありました。暗号資産の運営会社のようですが、世界中に被害を受けた方がおられるようです。

 自己破産や個人再生などの法的手続きを取られる方の財産調査の過程で、ビットコインなどの仮想通貨を有する方がおられます。解約すると手数料等を差し引かれて、手にできる現金は思ったよりも少なくなったという話を聞くこともあります。今回の場合、全損になる可能性が高いです。

(シャローム綜合法律事務所 事務員KN)

 

サクマ式ドロップス

サクマ式ドロップスの製造中止が発表されました。来年1月に廃業予定とのことです。年配の方にはお馴染みのお菓子です。ジブリのアニメーション映画「火垂るの墓」でも登場し、郷愁を誘われた方も多いと思います。創業114年にして廃業とのことです。

 原材料費の高騰などが原因と言われていますが、10月以降、あらゆる業種で各種商品の値上げが続いています。

 廃業となると、従業員やそのご家族への影響もあるかと思います。

 

 自己破産や個人再生などの法的手続きを取られる方の債務の増加の原因の一つとして、勤務先の倒産がありますが、再就職が難航することや、倒産時に抱えている債務の弁済に苦慮されること、再就職までの繋ぎで債務を負担することが多いようです。再就職後に残債務の弁済が負担になることもあります。

(シャローム綜合法律事務所 事務員KN)

役所発行の証明書手数料

役所発行の住民票や所得証明書を入手する際に手数料を支払わなければなりません。窓口に行って入手するのは良いのですが、遠方の市役所などに申請する場合、郵便申請になります。手数料は郵便局で定額小為替を買って申請書に添付します。

 先日、この小為替を買いに行ったところ、200円の手数料が必要と言われました。この間まで100円だったのですが、値上げされていました。

 300円の住民票を申請するのに合計で500円の費用が必要となりました。

 元々、10円だったのですが、100円になった時にも驚きましたが、今度は200円です。この定額小為替の面白いところは小額から高額なものまであるのですが、一律200円の費用がかかることです。

 自己破産や個人再生手続きにおいて、相続が発生している場合は、除籍謄本等の取り寄せが必要になると、転籍を重ねている場合、相当な費用負担になりそうです。

(シャローム綜合法律事務所 事務員KN)

 

自動車の財産価値

夏過ぎ頃、六甲山で列をなした5,6台のフェラーリと遭遇しました。表六甲の下りで2台前にフェラーリが走っていたのですが、大きな左カーブの所で、その前に数台フェラーリが走っているのが分かりました。帰宅してネットで検索してみると、どうやら、そのような集団が存在しているようです。同じ六甲山で過去にフェアレディZの集団に遭遇したことを思い出しました。

 

 破産、再生の申立てに関して、自動車を所有している場合、初年度登録から国産普通乗用車で7年以内、軽自動車、商用車で5年以内のものは「自動車の評価に関する書類」が必要になります。また外国車や国産車でも根強い人気を誇る車種については査定が必要になります。オートバイでも同様です。

 これまでにワーゲンやBMW、キャンピングカー等の自動車や、ハーレーダビッドソン、カワサキのニンジャ等の車種で査定が必要になったことがあります。

(シャローム綜合法律事務所 事務員KN)

多重債務の法律相談

最近、熊出没のニュースをあまり見なくなりました。今年は、北海道のヒグマをはじめ、本州でもツキノワグマに襲われる被害が多発したように感じます。これから、冬眠の準備で餌探しが始まるので、目撃情報も多くなるようにな気がします。

 

 債務の問題で法律相談の電話予約を受けるのですが、皆さん、ネットである程度の情報を見ている方が多いです。また、複数の法津事務所や司法書士事務所を検索して、費用面を含めて、検討された上で来所されます。

 中には、事前に個人信用情報を入手してから来所される方もいますので、債務状況の確認が容易になって、事件処理の方針を判断する時間が短縮できることがあります。当然、ご自身の債務状況は把握していると考えて相談に応じていますが、稀に覚えていないという方もいますので、その場合、少し時間がかかることがあります。

(シャローム綜合法律事務所 事務員KN)

再生事件の計画認可決定後の話

10月になり、今日は涼しい朝になりました。昼夜の寒暖の差が大きい季節です。風邪などに気を付けたいと思います。

 再生手続きで、再生計画の認可決定確定後、再生計画の支払いが始まるのですが、体調不良や勤務先の経営悪化などで、支払いが滞る場合があります。

 最近の相談事例で、債権者から再生手続き廃止の申立てがなされたケースがありました。支払いが滞っても再生計画には期限の利益の定めがないので、債権者は再生計画による入金を待つか、再生手続きを廃止して債務者に請求するしかありません。

(さらに…)