• 0120-997-181
  • 〒650-0016 兵庫県神戸市中央区橘通1-2-14 浅見ビル2階

ブログ

自衛隊法第82条

先日参加した集まりでの注意事項で、震災や地震が発生した際の緊急対応の説明の文章があり、それは今までもあらゆる団体で一般的であるとおもいましたが、先週初めてミサイルが落下した際の注意事項の記載もあり驚きました。

ちょっと調べてみると当然法律にもミサイルに関する記載があり、自衛隊法第82条には弾道ミサイルなどによって重大な被害が生じる場合には破壊措置命令を出すことが出来るというものです。

戦後、日本に飛来したミサイルはないので、私自身ミサイルの恐怖が分かりませんが、今でも他国においては、ミサイルによる攻撃で夜も安心して寝れない地域があるのも現実です。

日本においても徐々にミサイルの恐怖が増してきているのも現実化と思います。政府も武力攻撃事態対処関連法を国会に提出しました。

武力、暴力ではなく平和的な問題解決ができる世界になることを願うばかりです。

(シャローム綜合法律事務所 事務員KA)

住民基本台帳法施行令等の一部を改正する政令

住民基本台帳法施行令等の一部を改正する政令が本日11月5日に施行されました。

内容は住民票に旧姓を記載されるようです。

法的には旧姓ではなく旧氏(きゅううじ)と言うようです。

戸籍上で複数氏がある場合は、住民票に併記する氏を一つ選ぶことが出来るとのことです。

法律事務所の業務においても、住民票だけでは旧姓が分からないため戸籍も申請するというケースがありますが、今後は旧姓の確認するのに住民票のみでできることは、ほんの少し、業務が短縮されるような気もします。

以前から女性の社会にでる機会が増えてくることで、名前が変わることで支障が生じることは言われていましたので、この法律の改正も時代に沿ったものなのでしょう。

(シャローム綜合法律事務所 事務員KA)

道路運送車両法

この度の台風19号の影響で、車検の継続審査を受けることが困難な地域に関して、道路運送車両法第61条の2が適用され、車検期間の伸長がなされるようです。

私は法律事務所の事務員と行政書士の兼務をしているため、行政書士会からお知らせメールが毎日届くのですが、上記の内容のお知らせメールが届きました。

行政書士資格を取得して3年以上経過しますが、知らないことばかりです。

それにしても先週末に台風でもないのに非常な豪雨が発生しました。

少し前には西日本豪雨によって神戸市も多大の被害が発生しました。

今年は千葉県があまりにも大きな被害が発生しています。

被害を受けた方々が平常の生活を取り戻せるよう祈ります。

(シャローム綜合法律事務所 事務員KA)

 

ストーカー規制法

国民の安全と平穏のために制定された「ストーカー規制法」がありますが、この度驚くべき犯罪が報道されました。

アイドルのSNSの自撮りで目の瞳に移っている風景から自宅と特定して、部屋まで特定したとのことです。

この執念深さに専門家も驚いていました。

待ち伏せや尾行がすることが法律で禁止されているのはわかりますが、瞳に移った風景からグーグルマップで調べていたようで、まさにデジタルの世界で尾行していたことになります。

アップした写真のデジタル情報から位置が特定されることは今まで知られていましたが、瞳に写った風景から自宅が特定されたことは驚きです。

ストーカー規制法もさらにデジタルの世界に対応するためさらに改正が必要になってくると思われます。

平成12年にストーカー規制法が制定されましたが、ますます個人情報の管理を自己責任できっちりしなければならない時代になってきたと感じます。今後は小学校からデジタル世界での個人情報の管理を教えないといけないのではないでしょうか。

(シャローム綜合法律事務所 事務員KA)

破産申立の最近の傾向

債務整理の自己破産申し立てにおいて、ここ数年、同時廃止事件として裁判所に申し立てた案件が管財人事件に移されるケースが増えて来ているように感じます。

以前でしたら同時廃止で破産手続きが終了していたように思うのですが、かなり厳しく、細部にチェックが及んでいるようです。

このような傾向から、自己破産の手続きを受任する側においても、打ち合わせの内容や、初回面談においても管財人事件になる可能性を伝えなければならないケースが増えてきています。

当事務所の債務整理費用においても、同時廃止事件と管財人事件では、弁護士費用にかなりの差があるだけでなく、お客様には管財人費用も債務整理費用とは別に用意してもらわないといけないので、かなりの負担をお願いすることになります。

債務整理の相談をされた時点で、明らかに管財人事件になりそうな場合は、個人再生の申立てを提案する場合もあります。

自己破産の申立てよりも個人再生の申立てのほうが、裁判所のチェックはさほど厳しくないためです。

(シャローム綜合法律事務所 事務員KA)

大規模修繕 その2

以前、自宅マンションの大規模修繕があり、玄関ドアが新しくなったことによって、閉め方が若干変わり、そのため指を挟んでしまったことをブログに書きました。

その2ということで、今度はよい内容になりますが、大阪北部地震でドア枠が歪むことで、ドアを開けることができない家が何件か発生しました。

そのため、今回のドア取り換えで、なんとドアの中にもう一つ小さなドアがあるのです。

万が一地震等でドアが開かなくなっても、もう一つの小さなドアから外へ出れるという仕組みです。

これは災害対策にとても役に立つアイデアだと感心させられましたが、この小さなドアが必要な事態が発生しないことを祈るばかりです。

(シャローム綜合法律事務所 事務員KA)

自動車点検整備推進運動

国土交通省が9月を自動車整備点検の強化月間としていしています。

夏休みに琵琶湖に行った際、タイヤがぱんくしてしまいレッカーでイエローハットに運んでもらいました。

調べてもらった結果、パンクではなく、ゴムバルブの劣化で空気が抜けてしまっていたようです。

やはり車の点検は必要であると実感しました。

今回の国土交通省のイベントのゲストが「ダンディ坂野」さん。

私が学生時代、東京阿佐ヶ谷のマクドナルドで一緒にアルバイトをしていたので坂野さんです。

その後彼は「ゲッツ!」で一躍時の人となりました。懐かしいです。

(シャローム綜合法律事務所 事務員KA)

大規模修繕 その1

自宅マンションの大規模修繕があり、玄関ドアが新しくなりました。

築40年以上たっているので、相当玄関のゆがみがあったらしく、大阪北部地震の際に玄関があかなくなったケースが多数発生しました。

ピッキングもされにくい最新のドアになったのはよかったのですが、閉め方が若干かわったため、先日人差し指をドアに挟んでしまいました。

とにかく痛く、爪のなかが内出血のような状態になりましたが、痛みは数日で消えたのですが、黒い内出血の後はなかなかきえそうにありません。

このような状態になった場合、爪に穴をあけて血を吸い出す必要がるようですが、痛みがなければ放置でいいときさいがあったので、もうしばらく放置しておくことにします。

(シャローム綜合法律事務所 事務員KA)

法定相続分

お客様の法定相続分の計算をしていたのですが、何度計算しても合致せず、役所の計算が間違っているのではないかとしか思えずあきらめかけていました。

ふとあることに気づいたのですが、「民法改正」だということです。

昭和56年からの法定相続分は現民法の計算でよいのですが、昭和55年以前の相続に関しては旧民法が適用されることをすっかり頭から抜けてしまっていました。

旧民法通りに計算するとぴったり計算が合いました。

相続に関しては本年7月1日から新しいルールがスタートしました。今まで介護などでお世話をしても全く相続権がなかった方が「特別の寄与」ということで、相続人に対して金銭の請求ができるようになったことは大きな相続法の改正だと思います。

(シャローム綜合法律事務所 事務員KA)

風疹追加的対策

厚生労働省が昭和37年から昭和54年生まれの男性は予防接種を受けていないので、そのための対策としてまず抗体検査を受ける必要があるとのことで、私は昭和48年生まれなので、自宅のある茨木市から風疹の抗体検査のお知らせのはがきが届いていましたが、そのままスルーしてしまっていました。でも、息子も来年は高校生になり、その後孫でもできた場合のことを考えると、次の世代のためにも受けていたほうがいいと思い、病院に電話をして、まず検査に行くことにしました。

健康診断もあまり行けていないので、できるだけ毎年行けるように心がけていかなければと思っている今日この頃です。

(シャローム綜合法律事務所 事務員KA)