• 0120-997-181
  • 〒650-0016 兵庫県神戸市中央区橘通1-2-14 浅見ビル2階

任意整理とは?

  • HOME
  • 任意整理とは?

任意整理とは?

任意整理とは?

債務整理や自己破産を専門に40年以上の実績!

納得されるまで何度でも無料で相談に乗ります。

弁護士費用1社2万7000円

このようなお悩み抱えていませんか?

  • 月々の返済金額が多くて、このまま借金を返すのが難しい。
  • 何年も借金を返し続けているのに、元金がなかなか減っていかない。
  • 返済のためにまた借金をしてしまい、多重債務状態に陥っている。
  • 債務整理をしたいが、自動車ローン支払い中の車は継続して使用したい。
  • 住宅ローンの支払いで、その他の債務の返済が難しい。

このようなお悩みを抱えている場合、任意整理をすることによって、借金問題を解決できる可能性があります。


神戸市中央区で50年以上の任意整理をはじめとする、債務整理の実績を持つシャローム綜合法律事務所(旧宮永法律事務所)までお気軽にご相談ください。

弁護士に依頼されますと、すべての業者と弁護士が交渉いたします。多重債務を一括して交渉できるので、依頼者の方の精神的負担はなく、安心して任意整理をすることができます。


任意整理は裁判所を介さずに行いますので、自己破産などと比べて比較的短期間で債務整理が完了し、弁護士との打ち合わせもほとんどすることがないのが特徴です。


職業の制限を受けたり不動産を処分したりする必要がなく、現状を維持したまま債務整理することができます。

任意整理とは?

任意整理とは裁判所を通さずに、弁護士が直接債権者と交渉し、和解する手続きのことです。

借金問題の大半は、この任意整理で解決できます。

なぜ借金が減額できる?

弁護士に任意整理を依頼しますと、これからの支払いを原則利息0%で交渉いたします。


そのため、きっちりと返済計画をたてることができ、元金を減らしていくことができ、無理なく返済を完了することができるようになります。

任意整理の流れ

1.弁護士から債権者に通知
まず、弁護士から通知を発送いたします。この時点で債権者からの請求がストップします。
2.債権額の再計算
その後、開示された取引履歴を利息制限法に基き再計算します。その後、依頼者の方と返済計画を立てていきます。
3.債権者と交渉
依頼者と可能な返済計画に従い、債権者と交渉します。月々の収入から無理のない返済が可能になります!

※約3~5年での完済を目標にします。弁護士がすべて行いますので、難しい書類作成や債権者との交渉などは一切必要ありません。

弁護士費用

1社27,000円(税込29,700円)

  • 着手金の分割払いの対応もしておりますのでご相談ください。任意整理における減額報酬はいただいておりません。過払いが発生したときのみ成功報酬(20%+税)をいただいております。
  • 裁判を通して得た過払い金に対する報酬は25%+税。遠方の裁判所の場合は出張費が必要になる場合があります。
  • すでに完済済みの過払い金返還業務の場合は着手金0円で対応いたします。

 

事例紹介

月々1万円の支払いで完済(任意整理)


5社から計400万円の借金をされていた方からのご相談。
引き直し計算をした結果、100万円と70万円の債務があった2社からはそれぞれ30万円・10万円の過払い金を請求でき、
残りの3社は債務を130万円減額することができました。
過払い金を1社の返済に充て、残る2社とはそれぞれ月々3,500円・6,500円(計1万円)の55回払いで和解。
無事完済できました。

こうやって解決!!

引き直し計算をすると、次のような結果になりました。

当初の債務額 引き直し後の債務額 過払い返還金
A社 90万円 20万円
B社 100万円 30万円
C社 80万円 40万円
D社 60万円 40万円
E社 70万円 10万円

事例紹介

7社で約300万円の借金を任意整理で解決

7社から約300万円の借金をされていた方からのご相談。
ほとんどがパチンコや競艇で借金を負ってしまいました。毎月の返済が困難な状況となったため、任意整理による債務整理をご依頼頂きました。

少額の債権者もあったため、30万円以上の債務がある債権者4社のみの任意整理をすることになりました。無事に債権者4社で約230万円の任意整理を行い、すべて60回払いの示談をすることが出来ました。

事例紹介

時効援用をしての債務整理

8社からの借り入れがあり、総額650万円の債務があり、そのため自己破産による債務整理の相談に来られました。
相当な期間返済していないとのことでしたので、債権調査をし、6社が既に時効であったので、その援用通知を発送し、残り2社で約120万円の任意整理で解決しました。当初は自己破産の申立てを考えておりましたが、時効援用することが早期の解決となりました