• 0120-997-181
  • 〒650-0016 兵庫県神戸市中央区橘通1-2-14 浅見ビル2階

事例紹介

自営の飲食店経営が苦しくなり自己破産の手続き

お客様は自営での飲食店経営がうまくいかず、借金が増えてしまい、今後返済のめどが立たないため、当事務所に債務整理の相談に来れれました。

住宅をお持ちでしたので、任意売却をしたの後、自己破産の申立てを行いました。

管財人が選任されることになり、すこし時間が掛かりましたが、お客様は債務整理の相談をされたことを喜んでおられました。

ギャンブルによる借金を個人再生による債務整理

お客様は、以前休日にれじゃー感覚でパチンコをしていましたが、徐々に負けが増えることにより、借金をするようになり、そのため生活費のためにも借り入れをすることで、多重債務状態になりました。

債務総額が300万円を超えてしまい、今後返済していくことが困難な状況となったため、当事務所に債務整理の相談に来られました。

自己破産による手続きもありましたが、お客様の希望で個人再生の手続きによる債務整理をすることになり、無事に認可決定を受けることが出来ました。

お客様は、当事務所にはじめて債務整理の相談をされた時の対応を喜んで頂きました。

病気を患うことで住宅ローンの支払いが・・・

お客様は、病気を患うことで住宅ローンの支払いが出来なくなり、そのため任意売却をせざるをえない状況となりました。

お客様ご自身で住宅の任意売却をしたのち、当事務所に債務整理の相談に来られました。

総債務が3千万円を超えていたので、自己破産申し立てをすることになり、弁護士に債務整理に委任をして頂きました。

お客様の体調不良のため、自己破産の手続きが遅れしまったが無事に免責決定されたことを喜んでおられました。

債務整理に関して、お客様が不明な点を丁寧に説明させていただいたことを感謝してもらえました。

ギャンブルによる多額の借金を負いました

お客様はギャンブルによる多額の借金を負いました。

そのため当事務所に債務整理の相談に来られました。

家族には内緒ということでしたので任意整理による債務整理を検討しましたが、債務額から任意整理は困難でした。

そのため自己破産による債務整理をすることになりましたが、ご両親にその内容を話すことが出来ないため、ワンルームを借りて一人での生活を始めてもらい、その後に自己破産の申立てを行いました。

無事に免責が出て、お客様は債務整理を依頼していただいたことを喜んでおられました。

浪費の為管財人事件に

お客様は3社で300万円以上の債務を抱え、当事務所に債務整理の相談に来られました。

同僚からの借り入れ等があり、それの返済のため業者から借入を始め借金が増大していくとになってしまいました。

裁判所から浪費の傾向があるとのことで管財人事件に移行されましたが、無事に免責を得ることが出来ました。

お客様は当事務所をご利用いただき、債務整理の手続きをされたことを喜んで頂きました。

個人再生ができないため任意売却

お客様は住宅をお持ちでしたが、住宅ローン以外の支払いが困難な状況で債務整理の相談に来られました。

当初個人再生による債務整理を予定しておりましたが、住宅の価値が思っていた以上に高かったため、清算価値が増加したため再生手続きができませんでした。

そのため任意売却をして、住宅ローンとそれ以外の債務の返済をして、残額は任意整理によって債務整理をすることが出来ました。

お客様も新たなスタートが出来き、債務整理をされたことを喜んで頂きました。

保証債務による返済不能状態

お客様は、お子様の住宅の保証人になっていましたが、お子様が住宅ローンの支払いができなくなったため、住宅を任意売却して自己破産をされました。

そのため、お客様も保証債務を負うこととなり、返済するめどが立たないため債務整理の相談に来られました。

自己破産申立による債務整理をご提案させていただき、特に問題もなく免責されました。

お客様は当方の丁寧な説明を感謝しておられ、債務整理の相談をされたことを喜んでおられました。

学費による借金の債務整理

お客様は専門学校に行くために日本学生支援機構から借入をしました。

その後不慮の事故などにより、専門学校を継続することが出来ずに借金を負うことになりました。

その後、住み込みなどの仕事をしながら借金の返済をしていましたが、体調を崩すことで仕事を継続することが困難になり、実家に戻り、母親とともに当事務所に債務整理の相談に来られました。

こちらから、自己破産による債務整理をご提案させていただき、無事に免責を得ることが出来ました。

今後は体調を整え社会復帰するため、まずは債務整理の相談をされたことを喜んでおられました。

 

不動産の任意売却を並行しての債務整理

お客様は、離婚された元夫との共有名義の不動産をお持ちでありましたが、元夫が住宅ローンの支払いを滞納することで今後借金の返済ができない状況となりました。

そのため不動産の任意売却を並行して自己破産申立による債務整理をご提案させて頂きました。

無事に任意売却と破産の免責も得ることが出来、当事務所に債務整理の相談をして頂いたことを喜んで頂きました。

自己破産後の任意整理

お客様は、以前当事務所で自己破産申立手続きの債務整理を受任いたしまして、無事に裁判所から免責決定を受けました。

その後体調を崩されることによって収入が減少し債務を負うこととなりましたので、再度当事務所で任意整理による債務整理をすることになりました。

任意整理により無事に債権者と示談することが出来、今後療養に専念できると喜んでいただきました。