• 0120-997-181
  • 〒650-0016 兵庫県神戸市中央区橘通1-2-14 浅見ビル2階

事例紹介

アルバイトでの収入が少ないため

お客様は会社を辞めた後、アルバイトをしていましたが、収入が少ないため、複数の債権者から借金をするようになりました。

その後も生活のための借入が続き、債務が増大しました。

その後、入院などもあり、債務の返済が困難な状況となったため、債務整理の相談に来られました。

無事に同時廃止による免責を受けることが出来、お客様も生活再建ができることを喜んでおられました。

年金生活のため

お客様は年金生活のため、今後の返済が難しいため当事務所に債務整理の相談に来られました。

債務総額が約175万円でしたので、任意整理による手続きをさせて頂きました。

お客様は当事務所の対応が丁寧であったと評価していただき、債務整理の相談をされたことを喜んでおられました。

クレジット利用が膨らんでしまい・・・

お客様はクレジットカードの利用が膨らんでしまい、借金の返済が困難な状況となってしまいました。

借金額が約260万円内なってしまい、給料もアルバイトの為、当方からは自己破産による債務整理をお勧めいたしましたが、お客様はご両親と同居しており、破産の手続きに協力を得ることが出来ないために、任意整理による債務整理をすることになりました。

無事にすべての示談をまとめることが出来、お客様も債務整理の相談をされたことを喜んでおられました。

入院のために債務が増大したため債務整理の相談・・・

お客様は入院することで生活が苦しくなり、カード利用がおおくなり、債務が増大したため債務整理の相談を法テラスにされました。

法テラスから当事務所へ紹介され、自己破産の申立ての手続きをすることになりました。

お客様から、安心して債務整理の相談が出来、丁寧な対応だったと評価していただきました。

離婚することにより生活が苦しくなり債務整理を・・・

お客様は、離婚することにより生活が苦しくなり、そのため当事務所に債務整理のご相談に来られました。

お客様は生活保護を受給しておられましたが、お子様がアルバイトをするようになり、保護が打ち切りになりました。

家賃を滞納するようになり、今後借金の返済をする目途が立たないため、自己破産の申立てを行い、無事に免責決定されまいた。

お客様は、当事務所で、「きちんと話をきいてくださった」と評価していただき、債務整理の相談をされたことを喜んでおられました。

不動産を所有していたため任意整理での債務整理

お客様は不動産を所有していましたが、その他の返済が苦しくなってきたため、

債務整理の相談に来られました。

住宅ローン以外の債務返済が少し楽になれば、十分返済して行ける視力がありましたので、

任意整理による債務整理をご提案させて頂きました。

お客様はインターネットで事前に着手金の額も、他の事務所と比較したうえで、当事務所に債務整理の委任をして頂きました。

債務整理の手続きもスピーディーであったと評価していただきました。

夫のリストラにより債務が増大して・・・

お客様はネットで便利にりようできるということで、銀行のカードローン契約をしました。

夫の父親の介護などで生活費不足を補うために借り入れをするようになり、さらに夫がリストラにあうことで、さらに生活のための借入により債務が増大してしまいました。

その後、子供の学費などもあり多重債務状態となり、債務整理の相談をされました。

お客様は法律事務所は敷居が高いと思っておられましたが、とても安心して債務整理の手続きが出来たことを喜んで頂きました。

 

家族に内緒で債務整理のご希望

お客様は、家族に内緒で債務整理をされたいとのご希望でした。

また住宅や車を維持されたいとのことでしたので、任意整理による債務整理をご提案いたしました。

債権者6社で約800万円の債務がありましたが、その内4社約600万円の任意整理をいたしました。

債務整理の相談をされてよかったと言ってくださいました。

約300万円の任意整理

お客様は借り入れが6社で約300万円あり、返済が出来なくなり債務整理の相談に来られました。

ご主人が住宅を購入し、その住宅ローンの返済が苦しくなり、そのため借り入れをするようになりました。

債務額から、当方では自己破産による債務整理のご提案もさせて頂きましたが、お客様としては、毎月の負担を減らして返済していきたいとのご希望でしたので、任意整理をすることになりました。

お客様は、親身になって債務整理の相談が出来たことを喜んでおられました。

買い物による浪費のため

お客様は買い物による浪費によって借金が増えてしまい、返済することがこんなになり、債務整理の相談に来られました。

借金の額が500万円を超えていたので、自己破産手続きによる債務整理をお勧めしました。

しかし、同居している内縁夫にどうしても内緒にしなければならないということで、自己破産の手続きを諦め、任意整理による債務整理をすることになります。

無事に8社の任意整理が完了しましたが、月々の返済額が高額なため、今後状況が変わった場合には、自己破産の申立てもできる旨お伝えし、業務終了となりました。

お客様は債務整理の相談をされた時、お客様自身のことをよく考えてもらえたことを喜んで頂きました。