• 0120-997-181
  • 〒650-0016 兵庫県神戸市中央区橘通1-2-14 浅見ビル2階

事例紹介

仕事のストレスからスマホゲームにのめり込んでしまい・・・

お客様は、仕事のストレスからスマホゲームにのめり込んでしまい、高額な課金をしてしまいました。

支払いのために、借入をするようになり、自転車操業状態となりました。

(さらに…)

大学卒業後に就職し、その後競輪をするように

お客様は、大学卒業後に就職し、その後競輪をするようになりました。

当初は趣味程度であったものが、徐々に負けが大きくなり、負けた分を取り戻そうと思い、借入をするようになりました。

その後、給料すべてを返済に充てなけらばならなくなり、そのため生活費のために借入をする自転車操業状態となってしまい、当事務所に相談に来られました。

(さらに…)

仕事上のストレスから浪費をしてしまい・・・

お客様は、仕事上のストレスから浪費をしてしまい、多額のクレジット利用をしてしまいました。

その後精神的ストレスから休職することで、債務の返済ができなくなり、当事務所に相談に来られました。

借金の理由から、管財人が選任される可能性が高いため、個人再生による手続きをすることになり、無事に認可決定されました。

お客様からは、「大変良かった」と評価していただきました。

競輪をするよになり、借り入れが増えてしまい・・・

お客様は就職した後、仕事の合間に競輪をするようになりました。

徐々に掛ける額が大きくなり、生活にも影響が出るようになり、借り入れが増していきました。

また残業が減ることで、さらに生活が苦しくなり、自転車操業状態となったため、当事務所に相談に来られました。

ギャンブルが債務の大きな原因となっていたことから、破産ではなく再生手続きによる債務整理をすることになり、無事に認可決定を受けることができました。

お客様からは、「メールでのやりとりでほとんど大丈夫だった」ことが良かったと評価していただきました。

 

体調不良により仕事を続けることができなくなり・・・

お客様は離婚後、将来のことを考えてマンションを購入しました。

しかし、体調不良により仕事を続けることができなくなり、生活のために借入をするようになりました。

借入の額が増えてしまい、また住宅ローンの返済も負担となり、当事務所に破産の相談に来れれました。

当方から、もし住宅を残したいご希望があれば、個人再生という手続きもあることを説明させていただき、同手続きによる債務整理をすることになりました。

(さらに…)

旅行による浪費で債務が増大してしまい・・・

お客様は、以前より旅行が趣味んで、年間複数回旅行に行っていました。

旅行費に関してはすべてクレジット払いにしていましたが、コロナの時期に給料が減額となり、

そのため返済が難しくなりました。

返済が困難な状況に陥っても、旅行に行くことは継続したため、債務が増大し、生活もできない状況となったため、当事務所に相談に来られました。

(さらに…)

子育てなどの生活のための借入が増してしまい・・・

神戸市在住のAさんは、子育てなどの生活のための借入が増してしまい、

以前に民事再生の手続きを行いました。

お子様の大学の費用などの借入をすることで、再度返済不能状態となり当事務所に相談に来れれました。

配偶者のクレジット利用の返済が多かったため、抜本的な家計の見直しをご夫婦でしてもらい、

黒字になる家計の状態となった時点で破産の申立てを行いました。

無事に免責決定され、Aさんからは「長きに渡りフォローしていただき」と、当方の対応を評価していただきました。

健康被害のため職場を退職し・・・

お客様は、健康被害のため職場を退職し、生活のために借入を始めました。

その後、連帯保証の請求やご子息の学費等の借入のため約660万の債務に増大しました。

今後返済が困難な状況となり、当事務所に相談に来られました。

一度破産手続きをされていることもあり、個人再生による債務整理手続きをすることとなり、

無事に認可決定され、お客様からは、「気持ちが楽になった」と喜んでいただきました。

着物の展示会に参加した際に・・・

お客様は、友人の誘われて着物の展示会に参加した際に、10人ほどの販売員に囲まれ、約50万円の着物の契約をしてしまいました。

その後も、何度か勧誘を受け、その度に購入の契約をしてしまいました。

債務を長期間放置してしまい、約1400万円の債務額となりました。

(さらに…)

子供の教育費の借入が増えてしまい・・・

お客様は子供の教育費の借入が増えてしまい、返済不能状態となってしまいました。

お子様のが私立幼稚園に入学し、その後私立中学に入学することで、授業料等の借入のほかに、お客様自身が競馬にのめり込んでしまいました。

破産手続きの場合、管財人が選任される可能性が高かったため、お客様の希望で個人再生の手続きをすることになりました。

無事に認可決定され、お客様からは「丁寧な対応」であったと評価していただきました。