• 0120-997-181
  • 〒650-0016 兵庫県神戸市中央区橘通1-2-14 浅見ビル2階

事例紹介

一度任意整理をしましたが・・・

お客様は、海外旅行や服などの浪費によって、約500万円の債務を負ってしまいました。

返済することができず、当事務所に相談に来られ、任意整理をしましたが、コロナによる影響で、収入が減少してしまい、任意和解による返済もできなくなり、再度相談に来られました。

一度任意整理をしましたが、自己破産の手続きをすることになり、同時廃止の申立を行いました。

(さらに…)

以前はまったく借金がありませんでしたが・・・

お客様は、以前はまったく借金がありませんでしたが、

ご家族が亡くなられたことでの喪失感から、浪費的な生活をしてしまいました。

債務総額が800万円を超えてしまうことで返済が出来ず、当法律事務所に相談に来られました。

自己破産の手続きのご依頼をして頂きました。

浪費額から管財人が選任される可能性もあるかと思われましたが、お客様ご自身の反省文も提出することで、無事に同時廃止事件として免責を得ることができました。

お客様からは、来所していただく回数を最低限にして、打ち合わせ等をできる限りメールで行ったことを評価していただきました。

私立高校の学費の借入のために・・・

お客様は、お子様が私立高校に入学したため、その授業料等の学費のために借り入れをしました。

その後、夫と離婚したため、返済が困難になり、複数の業者から借入や生活のためクレジット契約をしました。

(さらに…)

破産ができないため個人再生で解決

お客様は、職場の同僚から誘われてパチンコをするようになりました。

その後、さらにギャンブルにはまってしまい、返済不能となり、当事務所に相談に来られました。

自己破産の手続きのご依頼を受け、申立を行いましたが、

その後裁判所より連絡があり、ギャンブル依存症の状態またその浪費から個人再生の手続きにした方がよいのではとのことでした。

そのため破産手続きを一旦取下げをして、再度、個人再生の申立を行いました。

無事に認可決定がされ、お客様は、今後2度とギャンブルはしない旨誓っておられました。

お客様からは、当事務所が「親切な対応」であったと評価していただきました。

配偶者のギャンブルで生活が苦しくなり・・・

お客様は、以前、配偶者がギャンブルにのめり込んでしまい、そのため生活が苦しくなり、借入をするようになりました。

債権者が3社で、債務総額が約150万円になり、利息分しか返済できない状況が続いていたため、当事務所に相談に来られました。

(さらに…)

スマホ課金による債務が増えてしまい・・・

お客様は仕事や家庭のストレスから、スマホによるゲーム等の課金による債務が約500万円ほどになってしまい、返済することができないため、当法律事務所に相談に来られました。

管財人が指定され、生活改善を厳しく指導されました。

長期間、毎月家計収支のチェックがありましたが、きちんと家計の管理をすることができ、また反省文も提出することで、無地に免責を得ることができました。

病気で休業したため、収入が減少し・・・

お客様は、病気で休職したため、収入が減少しました。

そのため生活費等の必要があり、借入をするようになり、2社で約200万円の債務を負ってしまいました。

その後、仕事には復帰出来ましたが、債務の返済ができるほど収入が無かったため、

当事務所に相談に来られ、任意整理の手続きのご依頼を受けました。

2社とも無事に和解が成立し、お客様からは「対応が早かった」と評価していただきました。

失業のため、生活費の借入が増してしまい・・・

お客様は、結婚をされた後、住宅ローンを契約してマンションを購入しました。

新生活のためにクレジット払いを多数利用しました。

勤務地が遠いため転職を試みましたが、就職がうまくいかず、そのため生活のために借り入れしました。

住宅ローンの返済もあり、借入が増してしまい、約900万円の債務を負ってしまい、返済することができないため、当事務所に債務整理の相談に来られました。

(さらに…)

10年以上前の家賃滞納の請求を受けて・・・

お客様は約10年以上前に家賃を滞納してしまい、

その後、平成24年に訴訟提起され、その時効が近づくことで再度約100万円の請求を受けました。

現在、お客様は生活保護を受給中で、返済することができないため、法テラスを利用して自己破産の手続きをすることになりました。

(さらに…)

仕事のストレスからギャンブルをしてしまい・・・

神戸市在住のお客様は、仕事のストレスからギャンブルをしてしまい、

ギャンブルで負けた分を取り戻そうと借り入れを繰り返してしまいました。

ギャンブルでの借金が1000万円ほどになった際に、妻が債務の事実を知られ、

妻に即されて当事務所に相談に来られました。

(さらに…)