• 0120-997-181
  • 〒650-0016 兵庫県神戸市中央区橘通1-2-14 浅見ビル2階

事例紹介

息子のための借り入れによる借金問題

お客様が当法律事務所の法律相談に初めて来られた時はご家族の問題に関する相談で来られました。

その話の中で、息子さんの交通事故の賠償金などの借入れがあり、借金の額が返済府の状態となっていたので、お客様にまず債務整理をする必要があるのではと提案させて頂きました。

お客様も債務整理の必要を認識されて、まず借金問題を解決に向けての手続きと同時進行で家族の問題にも対処していく決心をして頂き、自己破産申立ての手続きを受任しました。

借金の使用用途があまり明確でなかったので、管財人事件になる可能性もありましたが、無事に同時廃止事件で免責を得ることが出来ました。

お客様もまずは債務整理をすることで、借金問題から解放されたことを喜んでおられました。

 

退職のため収入が減少し、任意整理による解決。

仕事をされていた時に複数の債権者からの借り入れがあり、仕事を退職したため返済が困難なったため債務整理の相談に来られました。

債務額が100万円以下であり、またお客様が今後も仕事をしていく予定であることから、任意整理による債務整理をすることで無事に借金問題の解決をすることが出来ました。

又ご家族に内緒での債務整理でしたので、全てのやり取りをメールでさせて頂いたことも喜んでおられました。

自営業者であった方の自己破産手続

お客様は元々自営業を行っており、その際に借り入れがあり相当額の債務がありました。

その後病を患い、自営を継続することが出来ず、入退院を繰り返していました。

そのため、借金の返済をしていくことが困難な状況となり債務整理の相談に来られました。

債務の額から、破産手続きが妥当であるとの判断を致しましたが、自営業者であることから管財人事件となる可能性がありました。

自己破産の手続きの中でやはり、裁判所から自営を行っていた時の多くの資料の提出をいわれましたが、お客様の協力もあり、できる限りの資料を提出することにより、同時廃止事件として無事に免責決定されました。

お客様としては、債務整理をすることで療養に専念できると喜んでおられます。

任意整理により解決

借金が7社から約300万円あり返済不能状態でしたので、当方から破産案件であることをお客様に伝えました。

お客様の都合で、どうしても家族に債務整理の話を持ち出すことは無理であるということでした。

そのため、まずは借金が少額の債権者に関しては現状のまま返済を継続し、借金が高額の債権者のみ任意整理による債務整理をする方針に決まり、無事に示談を完了することが出来ました。

今後状況が変わり、自己破産による債務整理も出来る旨お伝えし、お客様の喜ばれて業務終了となりました。

 

 

教育ローンにより多重債務状態となる

学費のため教育ローンを契約していたところ、収入が少ないため返済することが出来ず、生活も困難なため借り入れが増し、4社で約500万円ほどの借金となり、多重債務状態となったため

債務整理の相談を受けました。 自己破産の申立ての手続きをすることになり、大きな問題もなく無事に免責がでました。このたびの債務整理を通して、生活再建のアドバイスもさせて頂き、お客様も債務整理を通してもう一度生活を見直すことが出来たことを感謝して頂きました。

ギャンブルによる借金

ギャンブルによる借金が100万円ほどあり、債務の総額がが300万円ほどあり、生活が困難な状況となったため債務整理の相談をされました。

裁判所に自己破産の申立てを行い無事に免責決定されました。お客様はギャンブルにより債務が増してしまったことに真摯に反省しておられましたので、裁判所から裁量による免責を受けることが出来ました。

免責が出ることで、お客様も債務整理を弁護士に相談されたことを喜んでおられます。

 

居住用以外にマンションを所有していたため任意整理による債務整理

クレジットによる借り入れが返済不能額に達しているため自己破産による債務整理の相談に来られました。

住宅ローンを支払い中の自宅マンションを手放したくないとのお客様のお話でしたので、民事再生手続きによる債務整理をご提案さえて頂きました。

準備をしていく中で、自宅マンションの他に、お客様名義のマンションがあるとの事で、そのマンションの価値を調べたところ1000万円ほどでしたので、清算価値が増加し、そのため民事再生手続きによる債務整理をすることが出来なくなり、そのため任意整理による債務整理に方針を変更しました。

任意整理による債務整理の場合、毎月の返済がかなり厳しい状況となってしまいましたが、このような状況で債務整理をしていることを家族に話、お客様の娘さんんが給料の中から援助し、協力を申し出てくれたとのことで、無事に債務整理することが出来、毎月の辺債務無事に継続することが出来ています。

体調不良による2度目の自己破産手続

以前に体調を崩しして入院することにより借入れをして、その後返済できないため自己破産による債務整理をしました。

その後10年ほど経過した時に、再度体調を崩しはじめ、就労が困難な状況となり借入れをするが、体調が回復しないため借金の返済が出来ず債務が増大する。

そのため自己破産手続きによる債務整理の相談に来られ、2度目の自己破産手続きになりましたが、今後は配偶者の援助も受けつつ生活再建できる旨を裁判所に申し立てることにより、無事に破産の免責決定がされました。

ギャンブルによる浪費での借金

失業することで生活が苦しくなったため、なんとか収入を得ようとパチンコやFXによって短期間で多額の借金を負ってしまい、債務整理の相談に来られました。

ギャンブルによる借金でしたので、当初お客様は任意整理を依頼する予定でしたが、相談をしている中で、なぜそのような状況に陥ってしまったのかを裁判所に詳しく説明することにして、自己破産による債務整理をすることになりました。

自己破産の申立て後、裁判所からは厳しく何故そのような状況に陥ったのか説明するよう求められ、又反省文の提出などもすることにより無事に免責を受けることが出来ました。

 

裁判所から訴状が届きました

東京簡易裁判所から立替金請求事件の訴状が届く事により当事務所に相談に来られました。

ますお客様に答弁書を書いてもらい、その中で弁護士に任意整理する旨を記載してもらいました。

その後、お客様から債務整理に委任を受け、債権者に通知を発送させて頂き、任意整理の意向を伝えました。

判決が出された後に、再度債権者と連絡を取り、無事に分割払いの和解をすることが出来ました。