• 0120-997-181
  • 〒650-0016 兵庫県神戸市中央区橘通1-2-14 浅見ビル2階

よくあるご質問

  • HOME
  • よくあるご質問

会社に知られる事なく自己破産をしたいのですが・・・

お客様からに「会社に知られる事なく自己破産をしたいのですがだいじょうぶでしょうか?」との質問を受けることがよくあります。

原則自己破産の手続きで会社に連絡が入ることはありませんが、裁判所に提出する書類で、5年以上その会社に勤務していた場合には退職金の証明が必要になります。会社から証明書を発行してもらうのですが、社員規定等で退職金の記載部分があれば、退職金の証明書の代わりに社員規定を提出することで問題ありません。

又債権者が訴訟を提起し、その後給料の差押をした場合には会社に債務整理を弁護士に委任している事実を知られることになります。その他には会社に借金をしている場合には、会社に対して債務整理の受任通知を弁護士から送付致しますので、その場合にも債務整理をしていることが知られてしまいます。

最後に自己破産の手続きが完了しましたら官報に住所氏名が記載されますが、まず官報をチェックしている会社は殆どありませんので、官報に記載されることによって会社に知られる可能性は殆ど無いと言って大丈夫です。

ローンの支払い中の車を残したいのですが…

自己破産申立の準備で、お客様から「ローン支払い中の車を残したいのですが可能でしょうか?」とのご質問をうけます。

原則ローン支払い中のため債権者が車の引き上げを行います。そのお客様の状況により車を所有し続けることが出来る可能性があります。まず、ご親族等に援助してもらい、ローンを完済します。その上で裁判所にお客様である申立人が車を所有する必要性を上申します。過去に認められたケースで、兄弟の方にローンをすべて支払ってもらい、その上で体が不自由なため、公共の交通機関による通勤が極めて困難な状況であるため車が必要であるとの上申をしました。このようなケースで認められたとは言え、あくまで判断するのは裁判所になります。又普通自動車は初年度から7年、軽自動車は5年を経過していなければ財産とみなされ、査定をしなければなりません。このようなケースは稀であり、通常ローン支払い中の車を、自己破産の手続き後も所有し続けるのは困難であります。

昔に破産の手続きをしたことがあるのですが・・・

お客様から頂くご質問で「昔に破産手続きをしたことがあるのですが、大丈夫でしょうか?」とのご質問を受けます。

以前に裁判所に破産の手続きをして免責を受けてkら7年間を経過しているのでしたら、再度裁判所に破産手続きの申立てをすることが出来ます。

しかし、やはり裁判所も2度目の破産手続きとなると、いろいろ質問されることになります。

例えば、何故一度反省して免責を受けたのに、再度破産せざるを得ない状況に落ち込んでいしまったのか詳しく聞かれることになります。更に反省文の提出を指示されたり、裁判所に呼ばれ、裁判官との面会を指示されることもあります。

このように一度目の破産手続より、裁判所から厳しい対応を受けなければなりませんが、法律上2度目の破産手続きの申立てが出来ないわけではありませんので、誠実に破産に至ってしまった事情を裁判所に上申することで免責を受けることは十分可能です。

家族に知られずに債務整理をしたいのですが・・・

お客様からのご質問で、「家族に知られずに債務整理をしたいのですが、大丈夫ですか」と聞かれることがよくあります。 確かに、お客様それぞれの事情があり、「親に心配をかけたくない」や「夫に自己破産のことを知られるとどうなるか心配です」など様々です。自己破産の手続きの場合でしたら、まず裁判所からの連絡や郵送物は代理人事務所の方に来ますので、直接お客様の自宅に郵便物等が届く事はありませんので心配される必要はありません。 自宅に郵便物が届く可能性としては、自己破産の手続き中であったとしても、債権者が裁判の申立てをした場合、その申し立てられた裁判所から自宅に訴状が届く可能性はあります。しかしこれも稀なケースであり、弁護士が受任し、お客様に協力して頂いて、予定通りに資料を集めてもらい申立てが出来る場合は大丈夫ですが、お客様の都合で、どうしても資料収集が出来ない場合など、弁護士が債務整理を準じてから相当な期間が経過しても、申立ができないような場合に、債権者が裁判をしてくるケースがあります。 お客様がどうしても家族に知られたくないという事情がある場合には、債務整理を弁護士に委任する際にその旨を伝えて頂き、弁護士と綿密に打ち合わせをして頂いた後に、債務整理の受任を致しますので、ご心配な方はまずはご相談ください。

弁護士費用が払えないのですが・・・

お客様からよくある質問で、「弁護士費用がはらえないのですが」と言われます。
もちろん弁護士費用の分割払いをして頂けますが、多くのお客様が債権者の支払いをしながら弁護士費用を払うのは困難だと思われます。
お客様が債務整理の委任を弁護士になれますと、そこから債権者への支払い義務はなくなります。
つまり今まで債権者に支払っていた分を弁護士費用に充てることが出来ますので、返済に弁護士費用が上乗せされるわけではありません。

自宅を残したいので・・・

よくある質問で、自宅を残したいので債務整理はむりですよね?と聞かれます。
不動産を所有しながら債務整理は出来ないと思われているお客様からの質問があります。
任意整理でしたら、もちろん不動産を所有していても問題ありません。
もし自宅不動産の住宅ローンを支払いっているのでしたら、住宅ローンはそのまま支払いを継続しながら、そのほかの借金を大幅に圧縮して返済する債務整理の方法があります。
それが民事再生手続きです。裁判所を通して、例えば500万円の借金があれば、5分の1、100万円に圧縮され、それを3年間で払い終えるというものです。月々の返済が楽になり、更に住宅ローン以外の借金が3年間でなくなるのです。

法テラスを利用したいのですが?

お客様から頂く質問で「法テラスを利用したいのですが利用できますか?」と聞かれます。
当事務所では法テラスをご利用希望の方に関しては、当事務所から持ち込み事件として法テラスの援助申請をすることができます。
法テラスを利用するには審査が必要になります。
テラスの利用には収入の基準があり、収入がその基準以下である必要があります。
必要書類に、住民票、2ヶ月分の給料明細が必要になります。

ブラックリストに何年登録されるのですか?

よくお客様から債務整理をした場合ブラックリストに何年登録されるのですかという質問を受けます。
一般的には債務整理をした場合5年間は通称ブラックリストと呼ばれる信用情報センターに登録されることになります。
しかしこの登録は法律で定められているわけではありませんので、原則お客様ご自身で確認して頂く必要があります。
この信用情報機関には3つの組織があります。
1.日本信用情報機構
2.CIC(シーアイシー)
3.全国銀行個人信用情報センター
債務整理をした後、新たに借り入れをする必要が生じた場合には、お客様から上記機関に登録の有無を確認することが可能です。

自己破産の手続きはどのくらい・・・

お客様からよくある質問で、自己破産の手続きにはどのくらい期間が掛かるのかと聞かれます。
受任をし、各債権者に受任通知書を発送後、各債権者から債権調査票を回収するのに1ヶ月から2ヶ月程度掛かります。
その後、回収しました債権調査票から破産に至った事情等の書類作成をし、申立となります。
裁判所の決定は2段階となっており、申立後1ヶ月程度で開始決定その後免責決定となります。
つまりすべてが順調にいけば受任から破産の手続き終了まで5ヶ月から6ヶ月程度となります。
しかし、これは財産がない個人の破産手続きで、問題なくスムーズに進行した場合であり、資料収集に時間を要したり、裁判所からのチェックなどにより、1年以上時間を要することも頻繁に発生するのが現実です。

債務整理をした銀行の口座は使えるのですか

よくお客様から質問される内容に、「債務整理をした銀行の口座はつかえるのですか」と聞かれます。
原則債務整理をする銀行の口座は凍結されるので、その口座から光熱費等の引き落としがある場合は、他の口座に変更するか、コンビニ払い等の支払い方法の変更をお願いしています。
また給料が振り込まれている場合は職場に給料の振込先口座の変更の手続きをお願いしています。
しかし、職場が振込先銀行の支店まで指定されている場合もあり、お客様から、職場の方から変更はできないと言われてとご連絡を頂くことがあります。
そのような事情から、どうしても債務整理をしようとしている口座を利用したいとの質問をうけるわけです。
弁護士の受任通知を発送したら、即座に口座凍結をされることは避けることが出来ません。

口座の凍結をされたとしても、給料に関しては相殺されないので、窓口で引き出すことができます。その後、銀行が保証会社から代弁済を受けますと、口座凍結が解除されますので、その後は以前同様その口座を使用することができます。