• 0120-997-181
  • 〒650-0016 兵庫県神戸市中央区橘通1-2-14 浅見ビル2階

ブログ

5年から150年

先日、住民票の除票の保存期間が5年から150年にえんちょうするとの閣議決定されました。

当事務所でも相続の案件を取り扱いますが、やはり5年で廃棄処分されるケースが多く、不便さを感じていました。

住民票等の情報がデジタル化されることによってできることだと思います。

空家対策のための対策だという事ですが、便利な時代になればなるほど、情報漏洩が心配になります。

(シャローム綜合法律事務所職員KA)

55歳の自己改革

新聞の広告にプロ野球ソフトバンク監督工藤さんの新刊の広告が載っていました。

「55歳の自己改革」という本ですが、その紹介フレーズで、「正しく思でる言葉より幸せにする言葉を選ぶ」という言葉が目に留まりました。

とても考えさせられる言葉だと思います。

指導者と言う人の上に立つ人物は、往々にして正しいを言って指導するのは当たり前なのでしょうが、正しい言葉より選手にとってどうなのか、指導者目線ではなく選手目線での指導を心掛けているのでしょうね。

私も親として子供に対して子供目線ではなく、親として正しいことを日々行ってしまっているようにふと自分自身を振り返らされる瞬間でした。

ゴールデンルールに「自分がしてもらいたいことをしなさい」と言うのがありますが、正に工藤監督はそれをじっせいしているので、監督就任4年で3度の日本一と言う驚異的な記録を打ち立てることが出来たのかもしれませんね。

とても自分自身を振り返る機会になった文言でした。

(シャローム綜合法律事務所 事務員KA)

今日まで

先週末から名物でもある神戸地方裁判所前の桜が満開でしたが、

今日の雨でちってしまっています。

満開の状態は1週間ももちませんね。

ほんとに短い間で残念ですが、短いからこそそこに価値を見出すのでしょう。

でも今年の桜はちょうど入学シーズンぴったしでした。

ことし入学した学生さんは縁起のいいスタートをきれたのではないでしょうか。

(シャローム綜合法律事務所 事務員KA)

大勝

全国的に注目されていた大阪ダブル選挙で、大阪維新の会が市、府ともに勝利し、本日の朝刊で「大勝」とトップに掲載されていました。

橋本さんがいないので、維新は難しいのではと個人的には思っていましたが、大阪では維新強いです。

私は大阪府民ですが、橋本さんの時代に、教育改革として夏闇の期間を短くしたり、子供たちには不評でしたが、親世代は大歓迎でした。

維新と言えば、夏休みの削減など大胆な政策で有名ですが、今回も都構想と言う大胆な政策が将来待っています。

府議会では維新が過半数に達したようですが、市議会ではたっしなかったようなので、さすがに都構想の反対もはげしいので、そう簡単には進まないとは思いますが、もともとパワーと活気のある街なので、これからも東京に負けないパワーある大都市となってほしいものです。

(シャローム綜合法律事務所 事務員KA)

ホオジロ

今朝、通勤途中で珍しく、久しぶりに聞く鳥の声が頭上から聞こえてきました。見上げると、電線に、いました、ホオジロさんではないですか。橙色?のおなかを見せて鳴いています。1,2分で飛んで行きましたが、その間、立ち止まって見ていました。六甲山に近いとは言え、住宅街のど真ん中にいるなんて、確か、前に見たのは宝塚の山の中の公園(西谷の森公園?)でした。

私には町中で小さい鳥が飛んでいてもスズメと余り区別がつきません。飛び方に多少の特徴はあるのかも知れませんが、私のような素人には留まっている姿を見て、ようやく判別できるくらいです。今回は鳴き声が聞こえたので、非常にラッキーでした。

昨日は、職場の向かいの検察庁の植え込みの所に、ツグミがいるのを見て、春を感じたところでした。2日、続けて普段見れない鳥を見れて、少し浮かれています。

(シャローム綜合法律事務所・事務員・KN♂)

 

もうすぐです

神戸地方裁判所の入り口付近にある桜が咲き始めました。

もうすぐ満開を迎えることになりますが、この裁判所の桜は、バックの裁判所と重なってかなりきれいだと評判の場所です。

桜が咲き始めているにも関わらず、冬に戻ったような寒さの日が何日か続きました。

しかし今週末は最高気温が一気に20度くらいまで上がるようで、さくらが満開になるのでしょう。

という事で、来週再度裁判所前でさくらの写真を撮ることにします。

桜と言えば世界中に分布しており、とくにヨーロッパや中国ではかなり有名になっているようです。

寒い冬が過ぎ去って、6月の梅雨までの2カ月程度が気持ちのいい季節を迎えるので、お花見にでも行きたい今日この頃です。

シャローム綜合法律事務所 事務員KA

 

いよいよ

本日、いよいよ新元号発表まであと1時間程度というところです。

巷でもたくさんの予想がされていますが、どのような感じが使われるのでしょうか。

安心や安全の「安」という文字が入るのではと言われていますが、安部総理の「安」なのでさすがに総理大臣の名前の感じは入らないだろうなど、議論を聞いているだけでも楽しいです。

平成になったのは私がちょうど中学を卒業して高校に入学した時でした。

そう考えると中学校を卒業して31年が経過したことになります。・

あれから31年・・・時間が経過するのは早いです。私は昭和生まれなので3つの時代を生きたことになるのでしょうか?

ちなみに私の祖母は明治生まれなので、5つの時代を生きたことになると思います。

はたしてどのような元号になるのでしょうか。

ちなみに日本では247もの元号があるそうで、これほどの元号は世界で唯一だそうです。

改元と年齢

最近、平成が終わるとか、平成最後の・・・という話を良く耳にします。

平成天皇が退位される日が近づいてきました。そこで、少し調べたのですが、明治は45年7月30日までで、大正は同日から始まります。大正は15年12月25日までで、同日から昭和が始まり、昭和は64年1月7日までで、平成は1月8日からだそうです。明治・大正昭和は即日改元だそうで、1日重複していました。平成は翌日改元なので、重複しないのだそうです。

 ということは明治、大正、昭和の重複した日に生まれた人は、どちらの元号でも良いのでしょう。誕生日は?と聞かれて昭和元年12月25日ですと答える人と大正14年12月25日ですと答える人は実は同じ日になりますよね。

 誕生日に関して、閏年の2月29日生まれの人は4年に1回しか年を取らないのでしょうか?子供の頃に疑問に思ったことがあります。

 年齢計算に関する法律(明治35年法律第50号)というのがあって、それを読むとこの疑問が解消されました。

  「年齢は生まれた日を0歳とし、生まれた年の翌年以降、起算日に応当する日の前日が満了するたびに1歳ずつ加算する。」

つまり、加齢する時刻は誕生日前日が満了する午後12時(24時0分0秒)となっています。(「前日午後12時」と「当日午前0時」は時刻としては同じだけれど、属する日が異なることに留意する必要があります。)

2月29日生まれの人は前日の28日が終了すると同時に1歳、歳をとるということです。

明治時代にできた法律というのにも、少し驚きました。

(シャローム綜合法律事務所・事務員・KN

持ち込み禁止

以前、新幹線内で刃物による殺傷事件が発生することで、道路運送法が改正され、適切にに梱包されていない刃物をバスに持ち込んではいけない物に追加されました。

乗り合いバスに乗ってくる乗客が、適切に梱包されていない刃物を持っているかどうかどのようにチェックするのか疑問が生じるところでありますが、ワンマンバスでそのよう空港レベルでのチェック体制は困難であることは周知のことですが、また危害を加える者は、当然隠し持っているので難しいでしょう。

しかし世界を見渡した時に、銃がないだけでも助かります。

ある国では、コンサート中に銃乱射があり、高校内で銃乱射があり、ショッピングセンター内で銃乱射があり、聞くだけでも恐ろしい情景であります。

私が米国にホームステイしている時、ホームステイ先に親族の方の15歳の娘の誕生日に拳銃をプレゼントしていました。

それは自分で身を守ることの大切さのメッセージと言うことらしいですが、さすがに驚きました。

日本は銃社会にならないことを祈ります。

(シャローム綜合法律事務所 事務員KA)

大阪ダブル選

大阪で市と府のダブル選挙が行われます。

もちろん大阪府民の私にとっては重大な関心ごとですが、今回の選挙は大阪都構想を推進する維新か、それをくい止めようとする反勢力か、という選挙です。

個人的には大阪が活性化するために新しいことにチャレンジしてほしいという希望はありますが、さすがに橋本市長の時のような勢いは感じられないないので、維新にとっては厳しい選挙になるのではないでしょうか。

今後大阪では万博もあり、盛り上がりの機運があるので、それに乗じて一挙に都構想を進めていきたいのだと思いますが、さてさてだどうなることか楽しみです。