トップページ > お知らせ一覧 > 【よくある質問】自己破産の手続きにはどのくらいの期間が掛かりますか

【よくある質問】自己破産の手続きにはどのくらいの期間が掛かりますか

2018/07/02(月)
お客様からよく質問されることで、「自己破産の手続きはどのくらい掛かりますか」という質問を受けます。
自己破産の手続きは、お客様の状況により様々ですので、はっきりと答えることは出来ませんが、一般的には弁護士が手続きの委任を受けて免責がでることにより手続が終了するまで、約6カ月となります。
まず弁護士が受任しますと、各債権者に介入通知書を発送します。各債権者から債権調査票がすべてそろうのが1か月乃至2か月程度です。その後お客様と借金をしなければならなかった理由などの聞き取りを致しまして書類作成をします。それと並行して、お客様には2ヶ月の家計収支表の作成を協力して頂き、その後申立となります。
裁判所に申立後、特に問題が無ければ1か月後に破産手続きの開始決定がされ、約2か月後に免責決定が出され、手続きが終了します。この流れで約6か月程度となります。
しかし、裁判所から不明点の説明を求められたりしますので、そのような場合は手続き期間が延びることになります。